ミラノサローネ2020 会期予定期間ホテル料金返金要求

mila
2020年9月1日

ミラノサローネ2020会期2度変更

ミラノサローネを開催するFEDERLEGNO ARREDO EVENTI SPA社(以下、FLA Eventi社に略)は4月から6月への延期 さらに2021年4月変更しました。、この2回渡る会期の変更で 世界の業界関係者は さまざまな損害を受けまし た この2回の変更に関してFLA Eventi社 ミラノ市は世界の業界関係者になんらかの配慮をする必要が有った思います。とくに会期中のミラノ市内のホテル宿泊料金返金に関しては問題があります。ミラノサローネ開催期間のミラノ市内のホテル料金は平月の3倍から4倍の価格設定になっていて なおかつ予約と当時に全額前支払いで返金不可の設定を殆どミラノ市内のホテルが設定しています。この様にユーザーに取っては悪条件のホテルとの契約条件でな なおかつ 2020年6月に会期を延期した期日は 日本の外務省が イタリア渡航中止勧告を発令していました。この様な状況下で ミラノ市内のホテルが返金をしないのは「倫理観の欠如」言わざるえません。 1)FLA Eventi社この件ホテル宿泊料金返金の相談をすると当時者同士の問題とといあいません。               2)ミラノ市の相談窓口にかけあいましたが相談に乗ってくれません。    3)ミラノ弁護士事務所EUR3000程着手金必要な事とこの和解が成功しな場合も考えられますす。


コメントは受け付けていません。