ケルン国際家具見本市2021開催中止

ミラノサローネ2021開催の指標となるケルン国際家具見本は中止となりました。

ミラノサローネ国際家具見本市と常に比較対象として競い合っているドイツ、ケルン国際家具見本市 2021年1月20日–23日開催を予定されていましたが、ヨーロッパ/ドイツでの第2波コロナウイルス感染の拡大を受けて、開催者のドイツ家具業界協会(VDM)は開催に向けて、緊密に協議した結果、11月18日中止を決定しました。ケルン国際家具見本市が開催されない事は、世界の業界関係者にとって非常に残念ですが、しかし、ドイツや他の多くの国々でコロナの状況が悪化していることを考えると、適性な判断だったと思います。また同時にドイツ家具産業協会(VDM)は2022年度のケルン国際家具見本市は1月19日から1月23日まで、平年のとおり開催され事を発表いたしました。開催コンセプトは、今後数週間で設定されます。


コメントは受け付けていません。