ミラノサローネ2021 平年通り開催されるか分析をいたします。

北東イタリア ポルデノーネ地域家具メーカーコロナウイル感染の影響

ミラノサローネ2020年出展為に主催者に支払いされた出展料は、ミラノサローネ2021の出展料としてスライドされていますミラノサローネ2020年出展登録を主催者に出展料を支払ったのメーカーリスト
https://www.salonemilano.it/en/exhibit/how-to-participate/salone-internazionale-del-mobile 

しかしそれらの一部は出展社の家具メーカーが財政的/商業的問題のためのミラノサローネ2021に参加しないことも起こり得ます。

出展するメーカーは通常、4月のミラノサローネ開催される6〜8カ月前から準備

最新のコレクションの開発と研究、および出展スタンドのデザインをプランニングします。現在、コロナウイス感染lの状況により、2020年秋の期間にどのような社会的な変化が起こるかが予測出来ません。
イ タリア ボローニャで開催されるCersaie /チェルサイエ見本市セラミックタイル/石材 浴室用品 家具の国際見本市は2021年9月に延期され、 ドイツ/ケルンで開催されるオルガテックOrgatec 国際オフィス家具見本市ドイツも2021年10月に延期されました。ミラノサローネ2021が開催のタイムリミットは 準備期間の問題で主催者は  2020年の年末までにコロナウイス感染の状況 含みながら ミラノミラノサローネ2021を開催するか決定しなければなりません。 2021年の初めに出展社総数と開催の全体の概要が判るかと思います。

イタリア家具メーカーコロナウイル感染の影響

家具メーカーは、2020年5月4日、約2カ月のロックダウン解除後 、工場での従業員のコロナウイス感染防止の為にイタリア政府による規制により工場を適合させて生産を再開しました。
一 般的に、家具メーカーのポートフォリオの中で受注残を持つメーカーは、国内外の顧客に納品する為に、工場フルー稼働させています。各家具メーカーにはそれ ぞれの利点と弱点があることを理解することが非常に重要です。イタリアの家具メーカーは殆どが多品種少量 受注生産体制の為 各メーカーは受注残に照らし 合わせて個別に生産している為、現在の国際的な不確実なビジネス状況中に行動の目標や指針その状況に対応できる企業体質を持っています。今後「商品のブランド力」と財務面とマーケティング面の両方で強い会社が、計画通りに生産でき、2020年4月を過ぎてミラノサローネに導入することを想定している新製品を届けることができるため、強くなるでしょう。
世 界で最も競争力ある北東イタリア 地域 Sacile、Pordenone、Trevisoの家具メーカーは、ビジネスを継続するために 懸命取り組んでいます。長い歴史と優れた顧客基盤 を持つ強力で信頼性の高い企業は、現在国内外の顧客から注文を生産しいますが、国際的コロナウイル感染が2020年秋または冬にどのように推移するか予測 出来ない不確実性があります。 しかしイタリア的、楽観的な姿勢を保ち、市場シェアを維持し、この状況ですべてのクライアントに最高のサポート、サービス、および支援を提供するために懸 命に取り組むことが出来ます。

世界の航空会社が加盟するIATA=国際航空運送協会が 世界の航空需要を分析した、国際線の需要がコロナ前の水準にまで回復するのは4年後の2024年になるという見通しを示していていますが、航空会社を取り巻く厳しい環境は長期化するとみられています。したがって 色々な業界の国際見本市も開催が平年の通り開催去れること

111111111111111111111111111111111

コメントは受け付けていません。